Archive for 9月, 2016

外資系求人の質が高い転職エージェントランキング

外資系求人に強い転職エージェント3選

外資系求人に強い転職エージェント3選は、以下のとおりです。

1位は、「JAC Recruitment」。
東証一部上場企業が運営しているエージェントです。
8ヵ国に拠点を持っており、外資系求人の他に「日経グローバル求人」「海外現地採用求人」などの案件も抱えています。
また、ネイティブのコンサルタントも置いているので、深い視点からの英文レジュメのチェックを受けられるようになっています。

2位は、「リクルートエージェント」。
求人数は国内で最も多い7万件以上で、うち9割は非公開求人です。
アジア諸国に15ヵ所以上の拠点を持っているため、日系大手のグローバル求人から年収1,000万円以上の求人まで、豊富な種類が揃っています。

3位は、「アデコ(Adecco)」。
60ヵ国以上に展開しているアデコグループの、日本法人が運営しているエージェントです。
多くの求人を抱えている他、国内にも160以上の拠点があるため、地方エリアの求人情報も多く持っています。

外資系企業への転職はエージェントを使った方が良い理由

最近のサラリーマンのほとんどが、諸外国のように転職をする時代になりました。日系企業の中には、転職に対すて良い印象をもっていないところもたくさんありますが、外資系の会社では、転職は仕事の経験を積んできたと考え、与えられた職務を完全にこなせば、年齢や性別をあまり意識しません。

また、外資系企業の多くは、日系企業よりも年収が高い場合もありますので、英語を話す人であれば、そこへの転職を考える人々もたくさんいます。しかしながら、ハローワークなどの公共の媒体では、日系企業の求人がほとんですので、自分自身で外資系を探すには、やはり、その会社とのコネクションがある転職エージェントに登録することが、確実にチャンスが広がります。転職エージェントの中には、外資系企業を専門に扱っている会社もたくさんあり、求人会社からの依頼もたくさん持っています。

転職希望者が本当の仕事に対する経験や知識を持っているならば、転職エージェントでは、その人に最適な会社を紹介してくれます。

外資系企業の求人はどこで見つける?

外資系企業への転職を希望していても、求人をどこで見つければ見当が付かない人も多いはずです。一般的な求人誌には載っておらず、職業安定所などでも募集していることはまずありません。外資系企業へ転職する際には、国内企業とは異なる求人の見つけ方を知っておかなければならないのです。

まず挙げられるのは既に希望する企業で働いている人に橋渡しをお願いする方法です。知り合いがいれば問題ありませんが、人脈に不安があればこの方法はとれません。そこで活用したいのが転職エージェントです。転職エージェントに登録すると、自分が希望する外資系企業を紹介してくれるのです。一人一人に担当がつくため職種や待遇をしっかりと把握することができ、能力とマッチする企業を探し出してくれることに加え、面接の日時や待遇面の交渉なども請け負ってくれるのです。

個人で外資系企業の求人を探すのであれば、転職エージェントを利用することが最適だと言えます。

外資系企業への転職で年収は上がる?

実力主義の外資系であれば年収も上がるかと思う人も多いことでしょうが、転職をすれば年収が上がるというものではありません。

外資系の良いところは能力のある人はそれに見合った待遇をしてもらうことができますが、そうでない場合にはすぐに居場所を失ってしまうという点にあります。
そのため、入社をして実力を示すことができれば年収もすぐに上がっていきますが、入社をしただけで年収が大幅にアップするというものではありません。

しかし、実力を買ってくれるのも間違いないので転職エージェントなどを上手く利用してどれだけその企業に対して貢献をすることができるのかということをアピールすることができれば、いきなり年収がアップした状態からスタートをすることができることもあります。

ただし、外資系は日本の企業よりも成果を上げる事に対して厳しいものですから、高い年収の代わりに成果を上げることができなければすぐに会社を後にしなければならない厳しい現実があることを理解しておく必要があります。

外資系企業への転職に成功するためには?

外資系企業への転職でポイントとなるのは面接試験です。外資系では新卒者だけでなく転職者の場合も複数回実施されることが多く、質問内容も毎回変わるため一貫した態度で面接を受ける必要があるのです。

また、国内企業の採用面接と大きく異なる点が面接官です。国内企業では人事部の担当者が面接をすることがほとんどですが、外資系の場合は採用された場合に配属される予定の部署のメンバーが面接官となる場合があります。そのため、自分を採用するとその部署においてどんなメリットがあるのかという自己アピールが大切になります。企業全体のことはもちろん、部署単位の利益も考えた回答をすることを心がけましょう。

餓死系企業への転職を成功させるためには、転職エージェントを有効に活用することも大切です。希望する企業だけでなく相性の良い企業を探してもらい、転職エージェントから企業側が何を求めているのかを聞き出しておくと対策がしやすくなるのです。